ジュエリーのお手入れ基本的なお手入れ
ジュエリーを身に着けると、どうしても化粧品やほこり、または皮脂や汗による汚れがついてしまいます。この汚れをそのままにしておくと、デリケートな宝石に大きなダメージを与えます。 毎日のちょっとした心がけと、定期的なお手入れで、大切なジュエリーの輝きをいつまでも保たせましょう。

 

 

 

 

身に着けるとき

ジュエリーはお化粧やヘアメイクが終わってから着けましょう。化粧品、ヘアスプレーなどは ジュエリーの大敵です。身支度がすべて完了した後に身に着けましょう。また、キッチンもジュエリーにとっては危険な場所です。火による急激な温度の変化、漂白剤、食べ物(特にお酢やジュース)など、宝石を傷めてしまうものにあふれています。キッチンではジュエリーを外しましょう。
温泉を楽しむときもジュエリーは外してください。

身に着けたら拭く

身に着けたジュエリーは必ず、セーム皮のような柔らかい布で、こすらず優しく拭きましょう。 汗や化粧品の汚れをそのままにしておくと、せっかくのジュエリーの輝きを曇らせてしまいます。拭くだけでもジュエリーの傷みをかなり防ぐことができます。
その際に、爪のチェックもお忘れなく。気づかないうちにぶつかったり、引っかかったりして爪が緩んでしまうことがあります。緩んでいたら、石を軽く弾いてみたときに、カタカタと音が聞こえます。緩んだままにしておくと、宝石をなくしてしまうことも。緩みに気づいたときは、宝石のフォーラムにご相談ください。

収納するとき

ジュエリーの保管もジュエリーの輝きを保つ上での大切なポイント。宝石はそれぞれ硬度が違います。ジュエリーがぶつかりあって傷がつかないように、ゆとりをもってしまいます。やむを得ず場所にゆとりがないときは、ひとつずつ、布やビニールの小袋に入れてしまいましょう。
熱、紫外線、湿度の影響で宝石本来の輝きを失ってしまうことがあります。宝石箱は日光が当たる場所、湿度が高い場所(または極端に低い場所)、防虫剤が入っている場所を避けて保管しましょう。

半年に一度は専門店に

半年に一度はジュエリーの専門店を訪ねて、そこでジュエリーのチェックやクリーニングをしてもらいましょう。もちろん、宝石のフォーラムでもジュエリーの洗浄を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

宝石別のお手入れ方法

続いて、宝石別のお手入れ方法をご紹介いたします。
宝石の輝きに違いがあるように、宝石によってお手入れ方法はさまざまです。誤ったケア方法で大切な宝石を傷つけないためにも、ぜひ一度ご覧ください。
ご心配な方、しっかりとジュエリーを洗浄したい方は、宝石のフォーラム、もしくは皆さまのお近くの専門店に依頼することをお勧めします。

ダイヤモンド

ダイヤモンドのジュエリーはとても人気があります。婚約指輪などは24時間身につけていることもあるのではないでしょうか。たとえずっと着けているものであっても、ジュエリーのお手入れは忘れないでおきたいものです。ダイヤモンドは硬く永続性であるとはいえ、適したお手入れの方法があります。以下のことを注意して、大切なダイヤモンドの輝きをいつまでも保ち続けましょう。

  • ジュエリーをつけたままの力仕事などは避けましょう。たとえダイヤモンドがもっとも硬い鉱物であるとはいえ、欠けたり、宝石が落ちてしまうことがあります。
  • 塩素系の薬品がダイヤモンドにダメージを与えます。家事をするときや、プールではジュエリーを外します。
  • ダイヤモンドはキズには強いですが、ジュエリーの表面を指で触ると指紋がつくなど、油汚れや静電気によるほこりが表面につきやすい宝石です。 家庭では毛先のやわらかい歯ブラシと、中性洗剤でダイヤモンドを磨きます。 毛先を使って爪の間や裏側についた汚れをよく落としたら、ぬるま湯で丁寧にゆすいで柔らかな布で水分をふき取ってください。そして、表面にはできるだけ触らないように気をつけましょう。

注意 : 衝撃

パール

パールは生きた貝の中で作られる有機物です。美しいソフトな玉虫色に輝き、どのシーンでも活躍してくれるジュエリーとして親しまれていますが、有機質の生き物のため、汗や汚れに弱く傷つきやすいのが特徴です。以下のことに注意して、いつまでもその輝きを楽しみましょう。

  • 炊事、洗濯などの水仕事の際は外しておきましょう。 洗剤などはもちろんですが、水に浸けるのも真珠にはあまり良くありません。特に指輪など、水に触れる時には外しておきましょう。
  • 香水や化粧品がパールにつかないように気をつけましょう。また汗にも強くありません。放っておくと変色してしまうので身に着けた後は必ず柔らかい布でふき取ってください。
  • パールは光にも強くありません。直射日光はもちろん、蛍光灯の照明でもあまり長時間当たっていると変色してしまいます。専用のケースなどに入れ、光が当たらないように保管しましょう。
  • 硬い宝石や貴金属とは別に保管しましょう。 パールの表面は鉱物のように硬くはありません。硬いものとぶつかり合うと表面に擦り傷が入り、照り(光沢)がなくなってしまいます。
  • ネックレスは使用頻度にかかわらず、定期的に糸替えすることをお勧めします。糸は時間が経つと劣化して切れやすくなります。定期的な糸替えでパールが散ってしまうことを防ぎ、見た目もシャキッとしたご購入時の風合いを保ちましょう。宝石のフォーラムではネックレスの糸替えも承っておりますので、是非ご相談ください。

注意 : 衝撃・汗(皮脂)・コスメ・除光液・ヘアスプレー・光・温泉・塩素・超音波洗浄器

ルビー・サファイア

ルビーとサファイア同じコランダムに属し、その性質は同じです。そして耐久性においては非常に強い宝石といえます。熱や薬品にも強いのでご家庭でもお手入れできます。
注意点やお手入れの方法はダイヤモンドと同じく毛先のやわらかい歯ブラシと、 中性洗剤で磨いてください。毛先を使い爪の間や裏側についた汚れを落としたら、 ぬるま湯で丁寧にゆすいで柔らかな布で水分をふき取ります。
ルビー、サファイアは非常に硬いので、他のジュエリーとの接触は避けましょう。

注意 : 衝撃

エメラルド

エメラルドは比較的硬度が高い分類に属する宝石ですが、熱に弱く割れやすい宝石なので、取扱いには注意が必要です。
お手入れ方法は、やわらかい布でかるく拭く程度にしておき、汚れがひどい場合は専門店で洗浄してもらいましょう。

注意 : 衝撃・除光液・ヘアスプレー・温泉・超音波洗浄器

オパール

オパールは硬度が低く、割れやすくて傷つきやすいジュエリーです。水分が多いので熱や乾燥でもひび割れを起こしますから、調理の火にも注意しましょう。温度差や乾燥を防ぐために、湿度や温度を自然に調節してくれる桐の箱に保管することをお勧めします。超音波洗浄機も厳禁です。
お手入れ方法は、やわらかい布でかるく拭く程度にしておき、汚れがひどい場合は専門店で洗浄してもらいましょう。

注意 : 衝撃・除光液・ヘアスプレー・温泉・塩素・超音波洗浄器・乾燥

アレキサンドライト

アレキサンドライトは比較的丈夫な宝石ですので、注意点やお手入れの方法はダイヤモンドと同じく毛先のやわらかい歯ブラシと、 中性洗剤で磨いてください。毛先を使い爪の間や裏側についた汚れを落としたら、 ぬるま湯で丁寧にゆすいで柔らかな布で水分をふき取ります。
ただ、ダイヤモンドやルビー、サファイアほど硬い宝石ではありませんので、保管の際は接触しないように注意しましょう。

注意 : 衝撃

パライバトルマリン

トルマリンは比較的扱いやすく、薬品にさらされても影響を受けにくい宝石ですが、急激な温度の変化によって損傷することがあります。お手入れの方法としては、ぬるま湯で毛先の柔らかい歯ブラシと中性洗剤で洗浄していただくことが可能ですが、超音波洗浄やスチームクリーナーの使用は控えましょう。

注意 : 衝撃・超音波洗浄器

プラチナ

プラチナは、酸、アルカリ、汗に強く、変色しにくい、耐久性があるジュエリーなので気軽に身に着けられるジュエリーです。しかし手入れを怠ると表面が黒ずんでしまいます。細かい細工や裏側に汚れが目立ってきたら中性洗剤を溶かしたぬるま湯に浸し、柔らかい歯ブラシの先で軽くこすってみてください。それから水でよくすすいで水分をふき取ってください。 これでも汚れが落ちないときは、中性洗剤を入れた水に30分~一晩つけ置きして洗ってください。ダイヤモンドがついている製品は上記と同じ方法で良いのですが、“他の宝石”がついている製品は、専門店に相談してください。ついている宝石によっては、水や洗剤に弱い物があります。

注意 : 衝撃

ゴールド

ゴールドは、皆さんが思っているほど強くありませんし、純度が高いほど傷つきやすくなります。
ナフタリンやヘアスプレー、化粧品などが付着すると光沢を失うことがあるので香水はジュエリーを取り外して使うことが必要です。また、長い間に汗やほこりで汚れたものは、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で振り洗いするか柔らかい歯ブラシの先で軽くこすり、水でよくすすいで水分をふき取ってください。

注意 : 衝撃・温泉・塩素

 

宝石別弱点一覧表

宝石別の弱点を一覧表にしました。

宝石の苦手なことを知り、それぞれに適したお手入れ、保管をして、いつまでも大切なジュエリーを美しく輝かせましょう。

 

宝石名
汗・脂肪
化粧品
整髪料
除光液
塩素系洗剤
温泉
紫外線
乾燥
衝撃
超音波洗浄器
ダイヤモンド ×
パール × × × × × × × × × ×
ルビー
サファイア
スタールビー ×
スターサファイア ×
エメラルド × × × × ×
アレキサンドライト ×
オパール × × ×
タンザナイト × ×
アクアマリン ×
トパーズ × × ×
ガーネット × ×
アメジスト × × ×
トルマリン × × ×
シトリン × × ×
ペリドット × × ×
ひすい × × ×
トルコ石 × × × × × × × ×
さんご × × × × × ×
クリソベリルキャッツアイ ×
サードニクス ×
オニキス ×
こはく × × × × ×
ラピスラズリ × × × ×
ホワイトゴールド
プラチナ

○: 安全 △:できるだけ避ける ×:避ける
※宝石にインクルージョンやクラックのあるものは割れる可能性がありますので、超音波洗浄はおすすめできません。